ブログ

医療費控除

お知らせ

医療費控除とは?

医療費控除は、自分や家族のために1月から12月までの1年間に支払った医療費
の金額が10万円(または合計所得金額の5%のいずれか低い方)を超えると、
その超えた金額(200万円を限度)をその年の所得から差し引くことができる
制度です。

課税対象となる所得が減ることにより、税率を掛けるなどして計算した後の税
額が少なくなるわけです。

医療費控除の計算には、生命保険会社から受け取った入院給付金なども関係し
ます。生命保険契約にもとづく給付金で、身体の傷害に関わって支払われるも
のは、税法上非課税とされています。

そのため、入院給付金などは課税の対象ではありませんが、医療費控除を受け
る場合には、医療費の金額から受け取った給付金額を差し引いて申告する必要
があります。

なお、入院給付金などを差し引くのは、その給付の原因となった傷病などの医
療費からです。もし引ききれない場合でも、他の医療費から差し引く必要はあ
りません。

●上記の医療費控除と選択して利用できる制度

医療費控除と同様の制度で「セルフメディケーション税制」(スイッチOTC薬
控除…医療費控除の特例)があります。健康診断などを行っている個人が購入
した風邪薬、胃腸薬等の市販薬(厚生労働省から指定されているもの)につい
て、購入額が年間1.2万円を超える場合、その超える部分(8.8万円を限度)を
所得から差し引くことができる制度です。

医療費控除とセルフメディケーション税制との選択適用ができるのは、
2017(平成29年)から2022年までの予定です

●医療費控除を受けるための手続きについて
確定申告では「医療費控除の明細書」を作成し、申告書に添付します。明細書
作成にあたり、健保組合・市区町村等からの「医療費通知」(医療費のお知ら
せ等)を明細書に添付すれば、明細書上の記載事項は医療費合計額等で足り、
支払先ごとの支払額の記載は省略できます。

領収書の添付または提示は不要になりますが、原則として5年間保管する必要が
あります。

 

※生命保険文化センターから抜粋

熊本で自動車保険・火災保険・地震保険の見直し、ご相談は織田保険サービスまで。
親切・丁寧なサービスを心掛けております。
代表 織田 敏之
熊本市中央区八王寺町17-10-205
info@hoken-oda.com

この内容をみんなと共有する